立つ鳥、跡を濁さずについて

言葉立つ鳥、跡を濁さず
読み方たつとり、あとをにごさず
意味立ち去る者は、後始末をきちんとしなければならないということ。また、引き際が潔いことのたとえ。水鳥は飛び立ったあとの水を濁さずに飛び去ることから。
「飛ぶ鳥、跡を濁さず」ともいう。
出典
類句 飛ぶ鳥、跡を濁さず(とぶとり、あとをにごさず)

使用されている漢字

「立」を含むことわざ

「鳥」を含むことわざ

「鳥」を含むことわざを全て見る

「跡」を含むことわざ

「濁」を含むことわざ

ページ先頭に戻る