「邪」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
あったら口に風邪をひかす
(あったらくちにかぜをひかす)
天の邪鬼
(あまのじゃく)
一に褒められ二に憎まれ三に惚れられ四に風邪ひく
(いちにほめられにににくまれさんにほれられしにかぜひく)
産屋の風邪は一生つく
(うぶやのかぜはいっしょうつく)
思い邪なし
(おもいよこしまなし)
風邪は百病のもと
(かぜはひゃくびょうのもと)
風邪は万病のもと
(かぜはまんびょうのもと)
節季の風邪は買っても引け
(せっきのかぜはかってもひけ)
夏の風邪は犬も食わぬ
(なつのかぜはいぬもくわぬ)
目病み女に風邪引き男
(めやみおんなにかぜひきおとこ)
弱みに付け込む風邪の神
(よわみにつけこむかぜのかみ)

「邪」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る