女は三界に家なしについて

女は三界に家なし
読み方おんなはさんがいにいえなし
意味女はこの広い世界のどこにも安住できる所がないということ。「三界」は仏教語で欲界・色界・無色界のこと。つまり全世界のこと。女は結婚するまでは父に従い、嫁しては夫に従い、老いては子に従うのが定めとされ、三界のどこにも安住できる家がないという意から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る