天を仰いで唾すについて

天を仰いで唾す
読み方てんをあおいでつばきす
意味人に害を与えようとして、逆に自分がひどい目に遭うことのたとえ。上を向いて唾をはけば、その唾が自分の顔に落ちてくることから。「天に唾す」ともいう。
出典
類義語 お天道様に石
人を呪わば穴二つ(ひとをのろわばあなふたつ)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る