薪を抱きて火を救うについて

薪を抱きて火を救う
読み方たきぎをいだきてひをすくう
意味害を除こうとして、かえって害を大きくしてしまうことのたとえ。火を消そうとして薪を抱えて火元に近づき、逆に火の勢いを強めてしまうということから。
出典『戦国策』魏策

使用されている漢字

ページ先頭に戻る