断機の戒めについて

断機の戒め
読み方だんきのいましめ
意味物事は途中でやめるべきではないという教え。孟子が修業の途中で家に帰った時、母は織りかけの機の糸を断ち切り、修行を中断するのはこのようなものだと戒めたという故事から。「孟母断機」「孟母断機の教え」「断錦」ともいう。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る