「雪」を含む故事・ことわざ一覧

「雪」を含む故事・ことわざの一覧(五十音順)

故事・ことわざ読み方
空き家の雪隠あきやのせっちん
会稽の恥を雪ぐかいけいのはじをすすぐ
考えは雪隠かんがえはせっちん
蛍雪けいせつ
蛍雪の功けいせつのこう
香炉峰の雪は簾をかかげて見るこうろほうのゆきはすだれをかかげてみる
雪駄の裏に灸せったのうらにきゅう
雪駄の土用干しせったのどようぼし
雪隠詰めせっちんづめ
雪隠で饅頭せっちんでまんじゅう
雪上に霜を加うせつじょうにしもをくわう
鱈汁と雪道は後が良いたらじるとゆきみちはあとがよい
月雪花は一度に眺められぬつきゆきはなはいちどにながめられぬ
天地、夏冬、雪と墨てんち、なつふゆ、ゆきとすみ
年寄りの達者、春の雪としよりのたっしゃ、はるのゆき
春の雪とおばの杖は怖くないはるのゆきとおばのつえはこわくない
冬の雪売りふゆのゆきうり
宿取らば一に方角、二に雪隠、三に戸締り、四には火の元やどとらばいちにほうがく、ににせっちん、さんにとじまり、しにはひのもと
柳に雪折れなしやなぎにゆきおれなし
闇夜に烏、雪に鷺やみよにからす、ゆきにさぎ
雪と墨ゆきとすみ
雪の明日は裸虫の洗濯ゆきのあしたははだかむしのせんたく
雪の上に霜ゆきのうえにしも
雪は豊年の瑞ゆきはほうねんのしるし
我が物と思えば軽し笠の雪わがものとおもえばかるしかさのゆき
故事・ことわざ辞典TOP
ページ先頭に戻る