目のあるだけ不覚について

目のあるだけ不覚
読み方めのあるだけふかく
意味自分が犯した失敗には言い訳は通用せず、不注意や落ち度があったことを認めないわけにはいかないというたとえ。目があるのに見えなかったと言いのがれることはできないという意から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る