一炊の夢について

一炊の夢
読み方いっすいのゆめ
意味人生の浮き沈みが夢のようにはかないことのたとえ。
昔、中国の邯鄲(かんたん)で盧生という青年が、道士から枕を借りて眠り、富貴を極めた自分の一生の夢を見たが、目が覚めてみると、炊きかけの黄粱がまだ煮えきらない、短い時間であったという故事から。
出典『枕中記』
類義語 盧生の夢(ろせいのゆめ)
邯鄲夢の枕
邯鄲の枕
黄粱一炊の夢
黄粱の夢

使用されている漢字

ページ先頭に戻る