泰山北斗のごとしについて

泰山北斗のごとし
読み方たいざんほくとのごとし
意味その道の大家として最も尊ばれる人物をたとえていう。「泰山」は中国、山東省にある名山、「北斗」は北斗七星。中国では、泰山と北斗七星が人々から仰ぎ見られていたことから。略して「泰斗」ともいう。
出典『唐書』韓愈伝

使用されている漢字

ページ先頭に戻る