和氏の璧とは

言葉和氏の璧
読み方かしのたま
意味すばらしい宝石のこと。中国、春秋時代の楚の卞和(べんか)が宝石の原石を厲王(れいおう)に献じたが、宝石だと信じてもらえず左足を切られ、次の武王には同じ理由で右足を切られた。その次の文王の時代に、この原石が磨かれ宝石だと認められたという故事による。秦の昭王がこの玉と15の城と交換したいと言い、「連城の璧」とも称された。
異形 和氏の璧(かしのへき)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「和」を含むことわざ

「氏」を含むことわざ

「璧」を含むことわざ

ページ先頭に戻る