虎を描いて狗に類すについて

虎を描いて狗に類す
とらをえがいていぬにるいす
読み方とらをえがいていぬにるいす
意味凡人が優れた人の真似をして、軽薄になることのたとえ。また、立派過ぎるものを求めて失敗することのたとえ。
虎を書こうとして犬の絵になってしまうということから。
出典『後漢書』馬援
別表記 虎を画きて狗に類す(とらをえがきていぬにるいす)
類句 虎を描いて猫に類す(とらをえがいてねこにるいす)
竜を画いて狗に類す(りゅうをえがいていぬにるいす)

「虎」を含むことわざ

「虎」を含むことわざを全て見る

「描」を含むことわざ

「描」を含むことわざを全て見る

「狗」を含むことわざ

「狗」を含むことわざを全て見る

「類」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る