狐虎の威を藉るについて

狐虎の威を藉る
きつねとらのいをかる
読み方きつねとらのいをかる
意味他人の権力に頼って、弱いものが空威張りすることのたとえ。
虎に捕らえられた狐が「天の神が私を百獣の長にした。だから私を食べると天の命令にそむくことになる。うそだと思うならついてきなさい。獣たちはみな逃げ出すはずだ」といった。
虎が狐のあとについていくと、獣たちがみな逃げて行った。
虎は自分を恐れて獣たちが逃げたことに気づかず、狐を恐れて逃げ出したと信じたという故事から。
出典『戦国策』
別表記 狐虎の威を借る(きつねとらのいをかる)
類句 虎の威を藉る狐(とらのいをかるきつね)

「狐」を含むことわざ

「虎」を含むことわざ

「虎」を含むことわざを全て見る

「威」を含むことわざ

「藉」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る