下手の射る矢について

下手の射る矢
読み方へたのいるや
意味まともな人間は相手にしやすいが、無茶苦茶人間は相手にしにくいということ。下手な者の射る矢はどこへ飛ぶかわからないので避けようがないという意から。「狐が下手の射る矢を恐る」「下手の鉄砲烏が怖じる」ともいう。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る