石に立つ矢について

言葉石に立つ矢
読み方いしにたつや
意味一念を込めて事を行えば、できないことはないというたとえ。漢の李広が石を虎と見誤り、一心に集中して矢を射たところ、矢が石に刺さったという故事から。
出典『史記』
類句 思う念力、岩をも徹す(おもうねんりき、いわをもとおす)
一念、天に通ず(いちねん、てんにつうず)
念力岩をも徹す(ねんりきいわをもとおす)
一心岩をも通す(いっしんいわをもとおす)
精神一到、何事か成らざらん(せいしんいっとう、なにごとかならざらん)
蟻の思いも天に届く(ありのおもいもてんにとどく)
雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)
点滴、石を穿つ(てんてき、いしをうがつ)
為せば成る(なせばなる)
意志のある所には道がある(いしのあるところにはみちがある)

使用されている漢字

「石」を含むことわざ

「立」を含むことわざ

「矢」を含むことわざ

ページ先頭に戻る