豆を煮るに豆がらを燃くについて

豆を煮るに豆がらを燃く
読み方まめをにるにまめがらをたく
意味兄弟や仲間どうしが傷つけ合い、争うことのたとえ。豆を煮るために、同じ根から育った豆がらを使うという意から。
中国、魏の曹植が、兄の文帝(曹丕)からその才能を憎まれ、七歩歩く間に作れと命じられてただちに作ったという故詩の一節から。
出典『世説新語』

使用されている漢字

ページ先頭に戻る