薄氷を履むが如しについて

言葉薄氷を履むが如し
読み方はくひょうをふむがごとし
意味きわめて危険な事に臨むことのたとえ。薄く張った氷の上を歩くように、非常に危険な事をするという意から。
出典『詩経』
類句 危うきこと虎の尾を踏むが如し(あやうきこととらのおをふむがごとし)
危うきこと累卵の如し(あやうきことるいらんのごとし)

使用されている漢字

「薄」を含むことわざ

「氷」を含むことわざ

「氷」を含むことわざを全て見る

「履」を含むことわざ

「履」を含むことわざを全て見る

「如」を含むことわざ

ページ先頭に戻る