草履履き際で仕損じるについて

草履履き際で仕損じる
読み方ぞうりはきぎわでしそんじる
意味最後の失敗で、それまでの努力を全部だめにしてしまうたとえ。仕事をすませて帰る時、草履をはく間際に失敗するという意から。
出典
類義語 九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)
磯際で船を破る(いそぎわでふねをやぶる)
百日の説法屁一つ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る