目は毫毛を見るも睫を見ずについて

目は毫毛を見るも睫を見ず
読み方めはごうもうをみるもまつげをみず
意味人の欠点は細かい点までわかるが、自分のことはなかなか気がつかないというたとえ。「毫毛」は細かい毛。目は細かい毛さえ見ることができるのに、自分の睫は見ることができないという意から。
出典『史記』
類義語 目で目は見えぬ(めでめはみえぬ)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る