呉牛、月に喘ぐについて

言葉呉牛、月に喘ぐ
読み方ごぎゅう、つきにあえぐ
意味取り越し苦労をするたとえ。「呉牛」は、中国の呉地方にいる水牛のこと。呉牛は暑さが苦手で、月を太陽と見誤って喘いだということから。
出典『世説新語』言語
類句 杞憂(きゆう)
杯中の蛇影(はいちゅうのだえい)

使用されている漢字

「呉」を含むことわざ

「牛」を含むことわざ

「月」を含むことわざ

「月」を含むことわざを全て見る

「喘」を含むことわざ

ページ先頭に戻る