流れを汲みて源を知るについて

言葉流れを汲みて源を知る
読み方ながれをくみてみなもとをしる
意味末を見て、その本(もと)を推し量ること。
また、言動を見れば、その人の人柄や気持ちが自然にわかるというたとえ。
流れている水を汲み取り、水源の様子を察知するとの意から。
出典

使用されている漢字

「流」を含むことわざ

「流」を含むことわざを全て見る

「汲」を含むことわざ

「源」を含むことわざ

「知」を含むことわざ

ページ先頭に戻る