是非に及ばずについて

言葉是非に及ばず
読み方ぜひにおよばず
意味どうすることもできない。仕方がない。やむを得ない。そうするしかない。
その物事の善悪を議論する余裕がないということから。
本能寺の変で織田信長が言ったとされる言葉。
出典

使用されている漢字

「是」を含むことわざ

「是」を含むことわざを全て見る

「非」を含むことわざ

「及」を含むことわざ

ページ先頭に戻る