ない時の辛抱、ある時の倹約について

ない時の辛抱、ある時の倹約
読み方ないときのしんぼう、あるときのけんやく
意味金がない時はじっと辛抱し、金のある時は倹約を心がけよということ。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る