立ち仏が居仏を使うについて

立ち仏が居仏を使う
読み方たちぼとけがいぼとけをつかう
意味立っている者が、座っている者に用事を頼むたとえ。自分で出来ることを無精して人にさせるたとえ。「居仏」は、座像の仏のこと。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る