六日の菖蒲、十日の菊について

六日の菖蒲、十日の菊
読み方むいかのあやめ、とおかのきく
意味時機に遅れて役立たないことのたとえ。5月5日の端午の節句に用いる菖蒲は5月6日では遅く、9月9日の重陽の節句に用いる菊は9月11日では間に合わないという意から。「十日の菊、六日の菖蒲」ともいう。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る