天を怨みず人を咎めずについて

天を怨みず人を咎めず
読み方てんをうらみずひとをとがめず
意味自分の身がどんなに不遇でも、天を恨んだり人をとがめたりしないで、自ら反省して修養に努めよということ。
出典『論語』

使用されている漢字

ページ先頭に戻る