事ある時は仏の足を戴くについて

言葉事ある時は仏の足を戴く
読み方ことあるときはほとけのあしをいただく
意味普段は不信心な人でも、困ったときには仏の足元にひれ伏して救いを求めるというたとえ。
出典
類句 苦しい時の神頼み(くるしいときのかみだのみ)

使用されている漢字

「事」を含むことわざ

「時」を含むことわざ

「時」を含むことわざを全て見る

「仏」を含むことわざ

「足」を含むことわざ

「戴」を含むことわざ

ページ先頭に戻る