壺中の天地について

言葉壺中の天地
読み方こちゅうのてんち
意味俗世間から離れた別世界のたとえ。また、酒を飲んで俗世間のことを忘れる楽しみのたとえ。
中国後漢の費長房が、薬売りの老人が商売が終わると壺の中に入るのを見て一緒に入れてもらったところ、そこにはりっぱな建物があり、美酒や旨い肴が並んでいたので、ともに酒を飲んで外に出てきたという故事から。
出典『後漢書』方術

使用されている漢字

「壺」を含むことわざ

「中」を含むことわざ

「天」を含むことわざ

「地」を含むことわざ

ページ先頭に戻る