先生と言われるほどの馬鹿でなしについて

言葉先生と言われるほどの馬鹿でなし
読み方せんせいといわれるほどのばかでなし
意味先生という呼称は敬意を伴わない場合もある。先生と呼ばれて気分をよくするほど馬鹿ではないということ。また、先生と呼ばれていい気になっている者をあざけっていう言葉。
出典

使用されている漢字

「先」を含むことわざ

「生」を含むことわざ

「言」を含むことわざ

「馬」を含むことわざ

「鹿」を含むことわざ

「鹿」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る