商人と屏風は曲がらねば立たぬについて

言葉商人と屏風は曲がらねば立たぬ
読み方あきんどとびょうぶはまがらねばたたぬ
意味屏風は折り曲げないと立たないように、商売も自分の感情や理屈を曲げて、客の機嫌を損ねないようにしなければ繁盛しないということ。
「商人と屏風は直ぐには立たぬ」ともいう。
出典
類句 人と屏風は直ぐには立たぬ(ひととびょうぶはすぐにはたたぬ)

「商」を含むことわざ

「人」を含むことわざ

「屏」を含むことわざ

「風」を含むことわざ

「曲」を含むことわざ

「立」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る