七日通る漆も手に取らねばかぶれぬについて

七日通る漆も手に取らねばかぶれぬ
読み方なぬかとおるうるしもてにとらねばかぶれぬ
意味物事に直接かかわらなければ、害を受けることはないというたとえ。漆の木のそばを何度通っても、手に触れなければかぶれることはないという意から。
出典
類義語 触らぬ神に祟りなし(さわらぬかみにたたりなし)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る