「野」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
後は野となれ山となれ
(あとはのとなれやまとなれ)
蟻の熊野参り
(ありのくまのまいり)
伊勢へ七旅、熊野へ三度
(いせへななたび、くまのへみたび)
娑婆で見た野次郎
(しゃばでみたやじろう)
千里の野に虎を放つ
(せんりののにとらをはなつ)
虎を野に放つ
(とらをのにはなつ)
箱根からこっちに野暮と化け物はなし
(はこねからこっちにやぼとばけものはなし)
焼野の雉子、夜の鶴
(やけののきぎす、よるのつる)
野狐禅
(やこぜん)
野に遺賢なし
(やにいけんなし)
野に下る
(やにくだる)
やはり野に置け蓮華草
(やはりのにおけれんげそう)

「野」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る