縁は異なもの、味なものについて

縁は異なもの、味なもの
読み方えんはいなもの、あじなもの
意味男女の縁というものは、どこでどう結ばれるかわからず、予測のつかない不思議でおもしろいものだということ。「縁は異なもの」「縁は味なもの」と切り離してもいう。
出典
類義語 合縁奇縁

使用されている漢字

ページ先頭に戻る