「寝」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
朝寝八石の損
(あさねはちこくのそん)
朝寝坊の宵っ張り
(あさねぼうのよいっぱり)
田舎の学問より京の昼寝
(いなかのがくもんよりきょうのひるね)
鰻の寝床
(うなぎのねどこ)
起きて半畳、寝て一畳
(おきてはんじょう、ねていちじょう)
果報は寝て待て
(かほうはねてまて)
食い溜め寝溜めは何にもならぬ
(くいだめねだめはなんにもならぬ)
食ってすぐ寝ると牛になる
(くってすぐねるとうしになる)
酒と朝寝は貧乏の近道
(さけとあさねはびんぼうのちかみち)
千畳敷に寝ても畳一枚
(せんじょうじきにねてもたたみいちまい)
叩かれた夜は寝やすい
(たたかれたよるはねやすい)
狸寝入り
(たぬきねいり)
唐人の寝言
(とうじんのねごと)
盗人の寝言
(ぬすびとのねごと)
盗人の昼寝
(ぬすびとのひるね)
寝首を搔く
(ねくびをかく)
寝た子を起こす
(ねたこをおこす)
寝た間は仏
(ねたまはほとけ)
寝ていて転んだ例なし
(ねていてころんだためしなし)
寝ていて人を起こすな
(ねていてひとをおこすな)
寝耳に水
(ねみみにみず)
寝る子は賢い親助け
(ねるこはかしこいおやだすけ)
寝る子は育つ
(ねるこはそだつ)
寝るほど楽はない
(ねるほどらくはない)
寝る間が極楽
(ねるまがごくらく)
早寝早起き、病知らず
(はやねはやおき、やまいしらず)
人を叩いた夜は寝られぬ
(ひとをたたいたよはねられぬ)
夫婦喧嘩は寝て直る
(ふうふげんかはねてなおる)
枕を高くして寝る
(まくらをたかくしてねる)
宵っ張りの朝寝坊
(よいっぱりのあさねぼう)

「寝」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る