李下に冠を正さずについて

李下に冠を正さず
読み方りかにかんむりをたださず
意味人から疑われるような行動は避けよという戒めの言葉。
李(すもも)の木の下で冠をかぶり直せば、李を盗もうとしていると疑われる恐れがあるから、すべきではないという意から。この句の前に「瓜田に履を納れず」とつけていうこともある。
出典『古楽府』

使用されている漢字

ページ先頭に戻る