千慮の一失とは

言葉千慮の一失
読み方せんりょのいっしつ
意味どんなに賢い人でも、多くの考えの中には一つくらい失敗もあるということ。また、十分に注意していても思わぬ失敗が起こるということ。
「千慮」は、いろいろと考えを巡らすこと。
出典『史記』淮陰侯伝
類句 弘法にも筆の誤り(こうぼうにもふでのあやまり)
猿も木から落ちる(さるもきからおちる)
上手の手から水が漏る(じょうずのてからみずがもる)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「千」を含むことわざ

「慮」を含むことわざ

「慮」を含むことわざを全て見る

「一」を含むことわざ

「一」を含むことわざを全て見る

「失」を含むことわざ

ページ先頭に戻る