末大なれば必ず折るについて

言葉末大なれば必ず折る
読み方すえだいなればかならずおる
意味下の者の勢力が強くなると、上の者は必ず倒されてしまうというたとえ。松葉が茂り重くなると、強い幹も折れてしまうという意から。
出典『春秋左氏伝』
類句 尾大掉わず(びだいふるわず)

「末」を含むことわざ

「大」を含むことわざ

「大」を含むことわざを全て見る

「必」を含むことわざ

「折」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る