「魚」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
網、呑舟の魚を漏らす
(あみ、どんしゅうのうおをもらす)
網にかかった魚
(あみにかかったうお)
網にかかるは雑魚ばかり
(あみにかかるはざこばかり)
魚心あれば水心
(うおごころあればみずごころ)
魚と水
(うおとみず)
魚の木に登るが如し
(うおのきにのぼるがごとし)
魚の釜中に遊ぶが如し
(うおのふちゅうにあそぶがごとし)
魚の水に離れたよう
(うおのみずにはなれたよう)
魚の水を得たよう
(うおのみずをえたよう)
魚の目に水見えず
(うおのめにみずみえず)
魚は鯛
(うおはたい)
魚を得て筌を忘る
(うおをえてうえをわする)
海魚腹から川魚背から
(うみうおはらからかわうおせから)
木に縁りて魚を求む
(きによりてうおをもとむ)
金魚の糞
(きんぎょのふん)
魚腹に葬らる
(ぎょふくにほうむらる)
魚は殿様に焼かせよ餅は乞食に焼かせよ
(さかなはとのさまにやかせよもちはこじきにやかせよ)
猿の水練、魚の木登り
(さるのすいれん、うおのきのぼり)
雑魚の魚交じり
(ざこのととまじり)
水魚の交わり
(すいぎょのまじわり)
清水に魚棲まず
(せいすいにうおすまず)
俎上の魚
(そじょうのうお)
大魚は小池に棲まず
(たいぎょはしょうちにすまず)
鯛なくば狗母魚
(たいなくばえそ)
高い舟借りて安い小魚釣る
(たかいふねかりてやすいこざかなつる)
田作りも魚のうち
(たづくりもうおのうち)
池魚の殃
(ちぎょのわざわい)
沈魚落雁、閉月羞花
(ちんぎょらくがん、へいげつしゅうか)
釣った魚に餌はやらぬ
(つったさかなにえさはやらぬ)
釣り落とした魚は大きい
(つりおとしたさかなはおおきい)
呑舟の魚
(どんしゅうのうお)
逃がした魚は大きい
(にがしたさかなはおおきい)
猫の魚辞退
(ねこのうおじたい)
釜中の魚
(ふちゅうのうお)
水清ければ魚棲まず
(みずきよければうおすまず)
水心あれば魚心
(みずごころあればうおごころ)
水を得た魚のよう
(みずをえたさかなのよう)
水を離れた魚
(みずをはなれたうお)
目高も魚のうち
(めだかもととのうち)
餅は乞食に焼かせよ魚は殿様に焼かせよ
(もちはこじきにやかせよさかなはとのさまにやかせよ)
魯魚の誤り
(ろぎょのあやまり)

「魚」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る