1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「光」

「光」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
阿弥陀も銭で光るあみだもぜにでひかる
一寸の光陰軽んずべからずいっすんのこういんかろんずべからず
牛に引かれて善光寺参りうしにひかれてぜんこうじまいり
親の光は七光りおやのひかりはななひかり
金の光は阿弥陀ほどかねのひかりはあみだほど
金の光は七光かねのひかりはななひかり
眼光、紙背に徹すがんこう、しはいにてっす
光陰、矢の如しこういん、やのごとし
光陰に関守なしこういんにせきもりなし
後光より台座が高くつくごこうよりだいざがたかくつく
玉磨かざれば光なしたまみがかざればひかりなし
使っている鍬は光るつかっているくわはひかる
灯滅せんとして光を増すとうめっせんとしてひかりをます
日光を見ずして結構と言うなにっこうをみずしてけっこうというな
光を和らげ塵に同ずひかりをやわらげちりにどうず
光るほど鳴らぬひかるほどならぬ
仏の光より金の光ほとけのひかりよりかねのひかり
瑠璃も玻璃も照らせば光るるりもはりもてらせばひかる

「光」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved