「敵」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
怒りは敵と思え
(いかりはてきとおもえ)
江戸の敵を長崎で討つ
(えどのかたきをながさきでうつ)
男は敷居を跨げば七人の敵あり
(おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり)
敵の家でも口を濡らせ
(かたきのいえでもくちをぬらせ)
敵の前より借金の前
(かたきのまえよりしゃっきんのまえ)
金が敵
(かねがかたき)
金は命の親、命の敵
(かねはいのちのおや、いのちのかたき)
昨日の友は今日の敵
(きのうのともはきょうのてき)
敷居を跨げば七人の敵あり
(しきいをまたげばしちにんのてきあり)
衆寡敵せず
(しゅうかてきせず)
大敵と見て恐れず小敵と見て侮らず
(たいてきとみておそれずしょうてきとみてあなどらず)
男子家を出ずれば七人の敵あり
(だんしいえをいずればしちにんのてきあり)
敵に塩を送る
(てきにしおをおくる)
敵に味方あり味方に敵あり
(てきにみかたありみかたにてきあり)
敵は本能寺にあり
(てきはほんのうじにあり)
敵もさるもの引っ搔くもの
(てきもさるものひっかくもの)
敵を見て矢を矧ぐ
(てきをみてやをはぐ)
汝の敵を愛せよ
(なんじのてきをあいせよ)
根太は敵に押させよ
(ねぶとはかたきにおさせよ)
美女は悪女の敵
(びじょはあくじょのかたき)
目の敵
(めのかたき)

「敵」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る