小人閑居して不善をなすについて

言葉小人閑居して不善をなす
読み方しょうじんかんきょしてふぜんをなす
意味小人物は暇を持て余すと、とかくろくでもないことをするということ。「小人」は君子に対する言葉で、人徳や教養のない卑しい者の意。「閑居」は本来「間居」と書き、暇でのんびり暮らすこと。
出典
類句 暇ほど毒なものはない(ひまほどどくなものはない)

使用されている漢字

「小」を含むことわざ

「人」を含むことわざ

「人」を含むことわざを全て見る

「閑」を含むことわざ

「居」を含むことわざ

「不」を含むことわざ

「善」を含むことわざ

「善」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る