「虎」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
危うきこと虎の尾を踏むが如し
(あやうきこととらのおをふむがごとし)
市に虎あり
(いちにとらあり)
苛政は虎よりも猛し
(かせいはとらよりもたけし)
騎虎の勢い
(きこのいきおい)
狐虎の威を藉る
(きつねとらのいをかる)
虎穴に入らずんば虎子を得ず
(こけつにいらずんばこじをえず)
虎口を脱する
(ここうをだっする)
虎口を逃れて竜穴に入る
(ここうをのがれてりゅうけつにいる)
三人、市虎を成す
(さんにん、しこをなす)
三人、虎を成す
(さんにん、とらをなす)
千里の野に虎を放つ
(せんりののにとらをはなつ)
前門に虎を防ぎ後門に狼を進む
(ぜんもんにとらをふせぎこうもんにおおかみをすすむ)
前門の虎、後門の狼
(ぜんもんのとら、こうもんのおおかみ)
時に遇えば鼠も虎になる
(ときにあえばねずみもとらになる)
虎に翼
(とらにつばさ)
虎の威を藉る狐
(とらのいをかるきつね)
虎の尾を踏む
(とらのおをふむ)
虎の子
(とらのこ)
虎の子渡し
(とらのこわたし)
虎の巻
(とらのまき)
虎は死して皮を留め、人は死して名を残す
(とらはししてかわをとどめ、ひとはししてなをのこす)
虎は千里入って千里帰る
(とらはせんりいってせんりかえる)
虎は千里の藪に栖む
(とらはせんりのやぶにすむ)
虎を描いて狗に類す
(とらをえがいていぬにるいす)
虎を野に放つ
(とらをのにはなつ)
猫にもなれば虎にもなる
(ねこにもなればとらにもなる)
猫は虎の心を知らず
(ねこはとらのこころをしらず)
張子の虎
(はりこのとら)
暴虎馮河の勇
(ぼうこひょうがのゆう)
牡丹に唐獅子、竹に虎
(ぼたんにからじし、たけにとら)
竜虎相搏つ
(りゅうこあいうつ)
竜の髭を撫で虎の尾を踏む
(りゅうのひげをなでとらのおをふむ)

「虎」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る