君子は庖厨を遠ざくについて

言葉君子は庖厨を遠ざく
読み方くんしはほうちゅうをとおざく
意味君子は憐れみ深いので、動物が捌かれる姿が見えてたり動物の悲鳴が聞こえたりする厨房に近づくことは忍び難いということ。
出典『孟子』梁恵王上

使用されている漢字

「君」を含むことわざ

「子」を含むことわざ

「庖」を含むことわざ

「庖」を含むことわざを全て見る

「厨」を含むことわざ

「遠」を含むことわざ

ページ先頭に戻る