伝家の宝刀を抜くとは

言葉伝家の宝刀を抜く
読み方でんかのほうとうをぬく
意味ここぞという場面でしか用いない、奥の手を使うこと。
「伝家の宝刀」は先祖代々その家に伝わる大切な刀。転じて、いざという時に使う切り札のたとえ。

使用されている漢字

「伝」を含むことわざ

「家」を含むことわざ

「宝」を含むことわざ

「刀」を含むことわざ

「刀」を含むことわざを全て見る

「抜」を含むことわざ

ページ先頭に戻る