「長」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
行く行くの長居り
(いくいくのながおり)
一日の長
(いちじつのちょう)
命長ければ恥多し
(いのちながければはじおおし)
生まれながらの長老なし
(うまれながらのちょうろうなし)
江戸の敵を長崎で討つ
(えどのかたきをながさきでうつ)
帯に短し、襷に長し
(おびにみじかし、たすきにながし)
芸術は長く、人生は短し
(げいじゅつはながく、じんせいはみじかし)
酒は百毒の長
(さけはひゃくどくのちょう)
酒は百薬の長
(さけはひゃくやくのちょう)
渋柿の長持ち
(しぶがきのながもち)
尺も短き所あり、寸も長き所あり
(しゃくもみじかきところあり、すんもながきところあり)
沙弥から長老
(しゃみからちょうろう)
沙弥から長老にはなれぬ
(しゃみからちょうろうにはなれぬ)
せかせか貧乏、ゆっくり長者
(せかせかびんぼう、ゆっくりちょうじゃ)
世故に長ける
(せこにたける)
短を捨てて長を取る
(たんをすててちょうをとる)
長袖よく舞い、多銭よく賈う
(ちょうしゅうよくまい、たせんよくかう)
長所は短所
(ちょうしょはたんしょ)
長者富に飽かず
(ちょうじゃとみにあかず)
長者に二代なし
(ちょうじゃににだいなし)
長者の万灯より貧者の一灯
(ちょうじゃのまんとうよりひんじゃのいっとう)
長蛇を逸す
(ちょうだをいっす)
長範が当て飲み
(ちょうはんがあてのみ)
長夜の飲
(ちょうやのいん)
長い浮き世に短い命
(ながいうきよにみじかいいのち)
長生きは恥多し
(ながいきははじおおし)
長居は恐れ
(ながいはおそれ)
長居は無用
(ながいはむよう)
長い目で見る
(ながいめでみる)
長い物には巻かれろ
(ながいものにはまかれろ)
長追いは無益
(ながおいはむえき)
長口上は欠伸の種
(ながこうじょうはあくびのたね)
長崎ばってん、江戸べらぼう、神戸兵庫のなんぞいや
(ながさきばってん、えどべらぼう、こうべひょうごのなんぞいや)
退けば長者が二人
(のけばちょうじゃがふたり)
下手の長糸、上手の小糸
(へたのちょういと、じょうずのこいと)
下手の長談義
(へたのながだんぎ)
細くも長けれ
(ほそくもながけれ)
無用の長物
(むようのちょうぶつ)
八百長
(やおちょう)

「長」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る