立ち寄らば大樹の陰について

言葉立ち寄らば大樹の陰
読み方たちよらばたいじゅのかげ
意味人を頼るなら、社会的に大きな力がある人がよいというたとえ。身を寄せるなら、大きな木の下が安全であるという意から。「立ち寄らば大木の陰」「寄らば大樹の陰」ともいう。
出典
類句 犬になるなら大家の犬になれ
大所の犬になるとも小所の犬になるな(おおどころのいぬになるともこどころのいぬになるな)

使用されている漢字

「立」を含むことわざ

「寄」を含むことわざ

「大」を含むことわざ

「大」を含むことわざを全て見る

「樹」を含むことわざ

「樹」を含むことわざを全て見る

「陰」を含むことわざ

ページ先頭に戻る