夏歌うものは冬泣くについて

夏歌うものは冬泣く
読み方なつうたうものはふゆなく
意味働ける時に働いておかないと、あとで暮らしに困るというたとえ。夏に歌など歌って遊び暮らしている者は、冬になって蓄えがなく飢えや寒さに泣く羽目になるという意から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る