夏歌う者は冬泣くとは

言葉夏歌う者は冬泣く
読み方なつうたうものはふゆなく
意味働ける時に働いておかなければと、後になって暮らしに困るということ。
夏に歌など歌って遊んで暮らしている者は、冬になったときに蓄えがないので飢えや寒さに泣く羽目になるとの意から。

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「夏」を含むことわざ

「歌」を含むことわざ

「者」を含むことわざ

「者」を含むことわざを全て見る

「冬」を含むことわざ

「泣」を含むことわざ

「泣」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る