遠きに行くは必ず近きよりすについて

言葉遠きに行くは必ず近きよりす
読み方とおきにゆくはかならずちかきよりす
意味物事を行う場合は、順序を踏んで着実に進めなければならないということ。遠くに行く時も近い場所から歩き始めるという意から。
出典
類句 高きに登るには低きよりす(たかきにのぼるにはひくきよりす)
千里の道も一歩から(せんりのみちもいっぽから)

使用されている漢字

「遠」を含むことわざ

「行」を含むことわざ

「必」を含むことわざ

「近」を含むことわざ

ページ先頭に戻る