「遠」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
中らずと雖も遠からず
(あたらずといえどもとおからず)
犬の遠吠え
(いぬのとおぼえ)
殷鑑遠からず
(いんかんとおからず)
噂は遠くから
(うわさはとおくから)
遠水、近火を救わず
(えんすい、きんかをすくわず)
遠慮なければ近憂あり
(えんりょなければきんゆうあり)
遠慮は無沙汰
(えんりょはぶさた)
遠慮ひだるし伊達寒し
(えんりょひだるしだてさむし)
北に近ければ南に遠い
(きたにちかければみなみにとおい)
敬遠
(けいえん)
敬して遠ざく
(けいしてとおざく)
性相近し、習い相遠し
(せいあいちかし、ならいあいとおし)
近道は遠道
(ちかみちはとおみち)
遠い親戚より近くの他人
(とおいしんせきよりちかくのたにん)
遠き慮りなき者は必ず近き憂いあり
(とおきおもんぱかりなきものはかならずちかきうれいあり)
遠きに行くは必ず近きよりす
(とおきにゆくはかならずちかきよりす)
遠きは花の香
(とおきははなのか)
遠きを知りて近きを知らず
(とおきをしりてちかきをしらず)
遠くて近きは男女の仲
(とおくてちかきはだんじょのなか)
遠くなれば薄くなる
(とおくなればうすくなる)
遠くの火事、背中の灸
(とおくのかじ、せなかのきゅう)
遠くの親類より近くの他人
(とおくのしんるいよりちかくのたにん)
遠ざかるほど思いが募る
(とおざかるほどおもいがつのる)
遠火で手を焙る
(とおびでてをあぶる)
遠道は近道
(とおみちはちかみち)
遠目、山越し、笠の内
(とおめ、やまごし、かさのうち)
朋あり遠方より来る
(ともありえんぽうよりきたる)
任重くして道遠し
(にんおもくしてみちとおし)
東に近ければ西に遠い
(ひがしにちかければにしにとおい)
日暮れて途遠し
(ひくれてみちとおし)
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
(ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし)
冬来りなば春遠からじ
(ふゆきたりなばはるとおからじ)
道は邇きに在りて遠きに求む
(みちはちかきにありてとおきにもとむ)
夜目、遠目、笠の内
(よめ、とおめ、かさのうち)
留守見舞いは間遠にせよ
(るすみまいはまどおにせよ)

「遠」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る