1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「当」

「当」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
朝の一時は晩の二時に当たるあさのひとときはばんのふたときにあたる
当たった者のふの悪さあたったもののふのわるさ
当たって砕けろあたってくだけろ
当たるも八卦、当たらぬも八卦あたるもはっけ、あたらぬもはっけ
当て事と越中褌は向こうから外れるあてごととえっちゅうふんどしはむこうからはずれる
怒れる拳、笑顔に当たらずいかれるこぶし、えがおにあたらず
犬も歩けば棒に当たるいぬもあるけばぼうにあたる
火事と葬式に行けば勘当もゆりるかじとそうしきにいけばかんどうもゆりる
器量は当座の花きりょうはとうざのはな
怪我と弁当は自分持ちけがとべんとうはじぶんもち
肯綮に当たるこうけいにあたる
鞘当てさやあて
太鼓も撥の当たりようたいこもばちのあたりよう
長範が当て飲みちょうはんがあてのみ
箸に当たり棒に当たるはしにあたりぼうにあたる
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるへたなてっぽうもかずうちゃあたる
弁当は宵からべんとうはよいから
弁当持ち先に食わずべんとうもちさきにくわず
惚れた腫れたは当座のうちほれたはれたはとうざのうち
我を非として当う者は吾が師なりわれをひとしてむかうものはわがしなり

「当」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved